google口コミ評判 4.9総合評価 クチコミ(115)

町田市で自転車・バイクを処分する方法と費用

処分したい自転車とバイク

町田市では自転車の回収・処理を行っていますが、事前に手続きが必要になる場合があります。バイクについては、町田市で回収・処理を行っていないので、自転車とは手続きの流れが異なるので注意しましょう。

 

放置自転車や放置バイクのように自己所有ではないものを処分したい場合は、必ず事前に警察へ連絡する必要があります。処分方法別の概算費用は以下のとおりです。

 

処分方法 自転車 バイク 費用の目安
町田市の粗大ゴミ清掃工場へ持ち込み 250~500円
町田市の粗大ゴミ回収 400~800円
リサイクル 運搬料実費
(持ち込みなら無料)
困りごと解決本舗 2500~8000円
個人売買 要見積もり

自転車を自分で運搬(町田市のごみ処理施設に持ち込み)する

処分したい自転車を持ち込んで処分

自転車は町田市の粗大ごみ処理施設に持ち込んで処分してもらえます。

 

防犯登録をしていない子供の三輪車などはそのまま持ち込みできますが、防犯登録をしている場合は事前に最寄りの交番で解除手続きが必要です。防犯登録解除手続きの費用はかかりません。

 

また、私有地にしばらく置かれている持ち主不明の放置自転車を処分したい場合は、盗難車ではないか交番に確認しなければいけません。

 

  • 私有地にある自己所有の自転車⇒交番で防犯登録解除後に持ち込みする(防犯登録をしていない場合は不要)
  • 私有地にある放置自転車⇒交番に盗難車ではないことを確認してから持ち込みする

 

バッテリー付きの電動自転車については、町田市でバッテリーを回収していないため事前に取り外しておかなければいけません。自転車の鍵をバッテリーの鍵に差し込んでロックを解除すると簡単に取り外せます。

 

取り外したバッテリーは自転車販売店で引き取ってくれますが、処分費用がかかる場合もあるようなので、最寄りの店舗にお問い合わせください。

 

バイクについては町田市の粗大ごみ処理施設で処分できないので、リサイクルに出す選択肢があります。ほかにも、処分費用がかかるどころかプラスになるかもしれない買取についても検討してください。

 

自転車を粗大ごみ処理施設に持ち込みする場合は、以下に事前予約が必要になります。

 

【予約窓口】

一般財団法人
まちだエコライフ推進公社

インターネット受付はこちら

インターネット予約受付:24時間年中無休
電話受付:月~土 8時30分~17時 042-797-1651

持込先 町田リサイクル文化センター内清掃工場

町田市下小山田町3160番地
(町田市立室内プールの斜向かい、さくら通り沿い)

持込受付時間 月~土 8時30分~11時30分、13時~16時
注意点 処分費用の支払方法は現金のみ

運転免許証などで排出者の住所を確認される(市外からの持込防止のため)
荷下ろしは原則自分で行う

 

町田市の粗大ごみ処理施設に持ち込みすると、10kgあたり250円で処分してくれます。

 

三輪車やロードバイクなど軽い自転車なら250円で処分できますが、ママチャリは20kgくらいはあるので処分費用は500円ほどになります。

 

比較的費用は安いのは良いのですが、自分で持ち込みするのが大変ですし、事前予約も必要なので非常に手間がかかる処分方法になります。

 

市道や都道の放置自転車が邪魔な場合

 

市道や都道(町田街道や鶴川街道など)に放置されている自転車や原動機付き自転車(50cc以下のバイク)を見かけた場合は、以下で回収受付をしていますのでお問い合わせください。

 

  • 市道に放置されていた⇒木曽自転車等保管所(TEL 042-791-4366)
  • 都道に放置されていた⇒南多摩東部建設事務所(TEL 042-720-8629)

自転車を町田市の粗大ごみ収集に来てもらう(粗大ごみ処理券)

粗大ごみに出す自転車

自転車なら町田市の粗大ごみ収集に来てもらうことができますが、バイクは対象外なのでリサイクル買取を検討してください。

 

粗大ごみ処理施設へ持込する場合と同様、事前に電話かインターネットで申し込みを行います。

 

収集料金は以下のとおりで、申し込み時にも教えてもらえるので受付番号と合わせてメモしておきましょう。

 

一輪車・三輪車 400円
自転車

(車輪の直径が24インチ未満)

400円
自転車

(車輪の直径が24インチ以上)

800円
電動アシスト自転車

(バッテリーを含まない)

800円

 

料金分の粗大ごみ処理券を取扱店で購入し、氏名と受付番号を記入して自転車に貼り付けておきます。収集日の朝8時30分までに所定の場所へ出しておきましょう。


バイクのリサイクルシステムを利用する

リサイクルに出すバイク

 

不要になったバイクを処分したい場合は、リサイクルシステムを利用する選択肢もあります。

 

リサイクルシステムの対象になるのは以下のとおりです。

 

  • 原動機付き自転車・軽二輪・小型二輪
  • フレーム・エンジン・タンク・ハンドル・前後輪が一体になっている
  • ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ・EKA・ドゥカティ・BMW・キムコのバイク

 

動く・動かないに関わらずリサイクル可能ですが、パーツがバラバラになっている場合は対象外なので組み上げる必要があります。

 

なお、届け出・登録されているバイクはリサイクルできないため、事前に以下の窓口で廃車手続きが必要になります。廃車手続きを忘れて4月1日を過ぎると税金が発生するので注意しましょう。

 

原付 一種・二種(~125cc) 市民税課諸税証明係市役所市庁舎2階206番窓口

忠生市民センター、鶴川市民センター

軽二輪(126cc~250cc)

小型二輪(251cc~)

東京運輸支局多摩自動車検査登録事務所

 

リサイクル料金は無料で、直接指定引取場所に持ち込めば費用は一切かかりませんが、廃棄二輪車取扱店に運搬してもらいたい場合は運搬費用などが実費必要になります。別途見積もりしなければいけませんが、数千円から1万円前後は費用がかかると考えられます。

 

指定引取場所、廃棄二輪車取扱店についての詳細は、自動車リサイクル促進センターを確認してください。

 

私有地にある放置バイクを処分したい場合

 

自己所有ではなく私有地に放置されていたバイクを処分したい場合は盗難車の可能性もあるため、必ず警察に連絡をして所有者を確認してもらいましょう。

 

所有者が確認できなかった場合は土地の管理者もしくは所有者が処分することになります。「バイクを撤去して廃棄処分する」内容の張り紙を2~3週間貼り付けておいてから処分しましょう。

 

バイクのリサイクルシステムを利用して無料で処分したい場合は、自分で廃車手続きや車両の持込をしなければいけないため手間がかかります。

 

費用と手間をかけずにバイクや自転車を処分したい場合は、業者に丸投げするのがおすすめです。

個人売買(ヤフオク・メルカリ・ジモティーなど)

個人売買で自転車やバイクを売る

処分したい自転車やバイクがまだ乗れる状態なら、ヤフオクやメルカリ、ジモティーなどの個人売買サイトに出品する選択肢もあります。

 

すぐに買い手が見つかる可能性もありますが、個人売買はやり取りが大変でトラブルに発展する事例も少なくありません。

 

購入が決まってもすぐ代金を支払ってくれない、発送が難しく送料が高い、商品到着後に「ひどい傷があった」などと難癖をつけられるなど、個人売買にまつわるトラブル事例がたくさんあります。

 

何度も個人売買を行っている方でもトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、個人売買に慣れていない方にはあまりおすすめできません。


一番手間なく確実に処分したい人は「困りごと解決本舗」におまかせください

処分するのが面倒で業者に丸投げしたい方は、困りごと解決本舗にお任せください。

 

自転車は2,500円~、バイクは8,000円~で対応できます!

 

お見積もりは無料で、電話やメール、LINEで対応いたします。

 

※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号08070902048から掛け直します。

© 2022 町田市の便利屋さん| 困りごと解決本舗.
電話 メール ライン