町田市でベッドマットレスを処分する方法と費用

部屋にあるベッドマットレス

ベッドマットレスを処分したい場合、町田市では以下の処分方法があります。

 

 

処分方法の種類とおおよその費用
処分方法 費用の目安 手間
清掃工場へ粗大ごみとして持込 1,000~1,250円 × 大変
解体・分別後家庭ゴミとして出す 1,300~2,000円 × 大変
収集場へ粗大ごみとして出す 400円~1200円 △ 一人では難しい
不要品処分業者 7,000円~ ○ 簡単
新品購入時に引き取り 0~10,000円 ○ 簡単
出張買取 0円(プラスになる場合も) ○ 簡単
個人売買 0円(プラスになる場合も) ○ 簡単

 

一番安く、確実に処分できるのは町田市で粗大ごみとして清掃工場に持込するか、収集場に出す方法です。しかし、ベッドマットレスは一人で搬出するのは難しいサイズなので、清掃工場や収集場へ持って行くのも大変ですよね。

 

この記事では、ベッドマットレスを処分する際に、できるだけ費用をかけずに手間がかからない方法について紹介します。


自分で運搬(町田市のごみ処理施設に持ち込み)する

ごみ処理施設

ベッドマットレスを町田市の粗大ごみとしてごみ処理施設へ持ち込みすると10kgごとに250円で処分してくれます。シングルのベッドマットレスは約25kgなので750円、クイーンのベッドマットレスは約45kgなので1,250円が処分費用の目安になります。

 

事前予約が必要なので、インターネットまたは電話で連絡をしてください。

 

【予約窓口】

一般財団法人 まちだエコライフ推進公社

インターネット受付はこちら

受付:24時間年中無休
受付:月~土 8時30分~17時
042-797-1651

持込先 町田リサイクル文化センター内清掃工場

町田市下小山田町3160番地
(町田市立室内プールの斜向かい、さくら通り沿い)

持込受付時間 月~土 8時30分~11時30分、13時~16時
注意点 処分費用の支払方法は現金のみ

運転免許証などで排出者の住所を確認される(市外からの持込防止のため)
ベッドマットレスの荷下ろしは原則自分で行う

 

自分でごみ処理施設に持込する方法のデメリットは、ベッドマットレスを積み込める車が必要なので、車がない場合は現実的ではないことです。できるだけ処分費用をかけずに、ベッドマットレスを積み込む車や運搬する人手がある方におすすめの処分方法です。

 


自分で解体・分別して家庭ゴミとして処分する

カッターナイフを使う

ベッドマットレスを自分で解体し、燃やせるごみと燃やせないごみに分別してから家庭ゴミとして処分する方法もあります。

 

カッターなどで燃やせるごみの収集袋に入るサイズに生地をカットし、金属コイルがある場合は燃やせないごみの収集袋に入れ、それぞれ家庭ゴミとして処分します。40Lの収集袋は10枚640円なので、20~30枚使うと想定すると1,300~2,000円前後の予算で済みます。

 

ただし、ベッドマットレスを収集袋に入るくらいに解体するのは非常に大変で、スプリング入りのマットレスなら10時間以上はかかるでしょう。

 

処分費用が激安!というわけでもありませんが、家庭ゴミとして出せるのはメリットです。できるだけ処分費用をかけずに、こまめに解体できる時間の余裕がある方におすすめの処分方法です。


町田市の粗大ゴミ収集に来てもらう(粗大ごみ処理券)

粗大ゴミの収集

町田市では事前予約をすると粗大ゴミを収集してもらえます。粗大ごみ処理券(シール)は1枚400円で、ベッドマットレスの種類によって必要枚数が変わります。

 

町田市の粗大ごみ費用(ベッドマット)
スプリングなし 400円(1枚)
スプリングありのシングル・セミダブル 800円(2枚)
スプリングありのダブル 1,200円(3枚)

 

事前にまちだエコライフ推進公社に電話またはインターネットで予約をしましょう。予約受付時に受付番号、粗大ごみの収集料金、収集日、収集場所を教えてくれるので必ずメモなどに控えてください。

 

処分費用は安いのですが、スプリング入りの大型ベッドマットレスだと一人では収集場所まで運ぶのは難しいです。できるだけ処分費用をかけずに、収集場所まで搬出を手伝ってくれる人がいる方におすすめの処分方法です。


不用品処分業者に頼む

中古のベットとベットマットレス

不要品処分業者に回収を依頼する場合は、ほぼ業者任せにできるので処分の手間がほとんどかからないのがメリットです。業者によって処分費用は異なりますが、トラックに積める量で考えると以下の金額になります。

 

  • 軽トラック10,000円〜18,000円
  • 2トントラック30,000円〜40,000円

 

このように処分費用は高額ですが、「この機会にベッドマットレス以外に処分したいものがある」という方は検討の余地があるでしょう。


困りごと解決本舗では8800円~対応しています。

困りごと解決本舗では8800円~承っています。ベットマットレスの大きさや搬出場所などによって金額は変わります。

 

町田市内でのベット・マットレスの処分は便利屋困りご事解決本舗にお任せください。お見積りは無料なのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

※非通知は対応していません。必ず番号通知でお電話ください。

新品購入時に引き取ってもらう

ベッドマットレスを引き取ってもらう

新しいベッドマットレスを購入すると、配達時に古いベッドマットレスを無料または有料で引き取ってくれるお店もあります。

 

無印良品 3,000円
IKEA 無料
ナフコ 無料
フランスベッド 7,000円~
ベルメゾン 無料(41,800円以上で送料7,150円の対象商品を購入した場合のみ)
VENUS BED 6,600円
ニトリ 3,300円
ディノス 無料(41,800円以上で「大物配送」「特大物配送」送料の対象商品を購入した場合のみ)

 

ベッドマットレスを買い替えする予定がない方には利用できない方法です。新しいベッドマットレスを購入予定のお店で、引取サービスを実施しているか確認する必要があります。


リサイクルショップに出張買取してもらう

軽トラックにを運転する女性

自分で家の外にベッドマットレスを搬出するのが難しい場合は、以下のようなリサイクルショップに買取してもらう方法もあります。

 

 

ただし、どんなベッドマットレスでも買取可能なわけではありません。「買取後に再販売できるもの」として以下の条件に該当しているか確認しましょう。

 

買取できる可能性あり 買取は難しい
  • 需要が多いブランド
  • 使用年数が短い(3年以下)
  • 美品
  • ノーブランド
  • 3年以上使用していた
  • 匂いやシミ、汚れがある
  • スプリングがへたっている

 

フランスベッドやシモンズ、エアゥイーヴ、テンピュールなどのブランドで状態が良ければ8,000円~70,000円程度で買取してもらえる場合があります。


メルカリやヤフオク、ジモティーなどの個人売買を利用する

スマホを操作する人

メルカリヤフオク!ジモティーなどインターネットの個人売買サービスを利用してベッドマットレスを欲しい人に直接販売または無料で引き渡す選択肢もあります。遠方の人に発送する場合は1万円程度の送料を考慮して値段設定をしましょう。

 

メルカリやヤフオクは販売価格の10%程度が手数料として差し引かれますが、ユーザーも多いのでうまく条件が合えば取引成立する可能性もあります。

 

おすすめはジモティーです

 

ジモティーは手数料無料で取引きできて登録も簡単です。「取りに来てくれるなら無料で」という条件で出品すればもらってくれる方もいると思います。

 

ジモティーは基本は地元のユーザーとの相対取引きなので、送料がかからないのでマットレスは相性が良いです。当社もヘビーユーザーです。ただし、あまり状態が良くないとクレームが発生する、なかなか代金を払ってもらえないなどのトラブルが発生する可能性もあります。個人売買に慣れていない方は最初はちょっと大変かもしれません。ただ無料であればぽぼクレームは出ないと思います。

 

デメリットとして、取引相手が見つからないといつまでも処分できないので、運次第なところはあります。それでも無料で掲載でき、レスポンスも早いのですぐに見つかる可能性もあるので試してみてください。