google口コミ評判 4.9総合評価 クチコミ(115)

町田市で仏壇・神棚を処分する方法と費用について

このページでは町田市で仏壇・神棚を処分する方法と費用について解説します。

 

日頃から菩提寺や仏具店とお付き合いがあれば相談できますが、お付き合いがない方のほうが圧倒的に多いと思います。

 

仏壇を処分する際は、ごみの分類や処分方法のみならず、魂抜き供養などの工程も考慮する必要があります。供養が完了すれば通常の家具と同様の扱いとなります。

 

町田市では粗大ごみとしての分類です。仏壇に関しては複数の処分方法があり、それぞれ手間やコストが異なるのであらかじめ把握しておきましょう。

 

仏壇や神棚の処分で困っている方は便利屋「困りごと解決本舗」にお任せください。魂抜き供養の手配や予算の相談も含め、しっかり対応します。お見積もりは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

こちらでは町田市内で仏壇や神棚を処分する方法を紹介します。

 

処分するのが面倒で業者に丸投げしたい方は、
困りごと解決本舗にお任せください。

 

お見積もりは電話やメール、LINEにて無料で対応いたします。

 

仏壇を処分する方法

処分したい仏壇

仏壇の処分方法は4つ

 

お寺に処分依頼

菩提寺がある場合は閉眼供養とあわせて処分についても相談できます。菩提寺以外以外のお寺の場合でも引き取ってくれるところもありますが、檀家以外は断っているところもあります。

 

費用は名目はお布施で、目安は3万~5万円前後とされているようです。仏壇をお寺まで運ぶ費用は別途必要です。

 

メリットは閉眼供養など儀礼にのっとった方法で心理的に安心できること。デメリットは費用相場がわかりにくいことが挙げられます。

 

仏壇仏具店に処分依頼

仏壇仏具店では仏壇の引き取りも行っています。

 

処分費用は2万円~8万円(仏壇の大きさや運搬する距離によって変わる)です。お布施と違って処分費用として決められた金額となります。菩提寺が遠かったり、できるだけきちんと処分したい場合に相談するといいでしょう。

 

メリットは仏壇の搬出込と教派を気にしなくていいこと。デメリットは処分費用が比較的高くつくことです。

 

粗大ごみとして処分する

仏壇は粗大ごみとして処分することが可能です。費用は各自治体によって変わりますが500円~数千円ほどです。そのためお寺や仏具店に持ち込むより安価で処分することができます。

 

また、部品ごとに細かく分解すれば一般的なゴミとして捨てることができます。仏壇をゴミとして捨てることに抵抗がなかったり、人の目が気にならないのであれば方法の一つです。

 

不用品回収の業者に処分依頼

不用品回収業者や便利屋でも仏壇の処分を行っています。準備は仏具を外しておくだけで済みます。魂抜きの込みで行う専門業者があれば、処分のみおこなっている業者とあります。

 

費用は仏壇のサイズや魂抜きを行うかどうかで変動します。自分で仏壇を移動させる手間がなく、指定した日に処分することが可能です。

 

仏壇も供養が必要?

仏壇はご先祖様の家や小さなお寺とも呼ばれており、極力雑な扱いは避けたいものです。一般的に仏壇を処分する際には供養「魂抜き・閉眼供養・お性根抜き・御霊抜き」を行います。この魂抜きはご先祖様に、今まで守っていただいたことに感謝を伝えるためにう行うものです。供養を済ませてご先祖様の魂が抜ければ、仏壇は一般的な家具と同じ扱いとなります。


仏壇を処分する上での注意点

遺影の処分

仏壇に遺影を飾っている家庭も多く、仏壇処分の際に遺影はどうすればいいかという問題も出てきます。仏壇と一緒に遺影も処分するのであれば、同じように供養を行いましょう。写真もお焚き上げするのが一般的のようです。

 

仏壇の引き出しも確認

仏壇の中には隠れた引き出しがついているものがあります。中には家系図などその家にとって重要な物が入れられている場合もあるため、処分する前にしっかり確認する必要があります。

 

仏壇のサイズを確認

仏壇処分を依頼する前に大きさを測っておきます。高さと横幅、奥行きの3つをメジャーにて測りメモしておけば依頼時に概算費用がわかります。

 

処分準備

引取日当日までに仏具はすべて取り外し、引き出しの中も空にしておきます。梱包は業者のほうでしっかりおこなうので特に必要ありません。

魂抜き供養について

魂抜き供養を行う

仏壇を処分する際、特別な事情がないのであれば、魂抜き供養を行うことをおすすめします。魂抜き供養なしで処分することも可能ですが、仏壇には魂が入っているので供養をせずに処分するのは良くないでしょう。

 

「罰が当たる」という言い伝えもあり、何か不幸があった場合に関連付けて後悔する可能性があります。魂抜き供養は「合同供養」と「単独供養」に大きく分けられます。

合同供養:5千円~2万円

合同供養は、複数の家庭から仏壇が回収された後、まとめて住職により行われます。仏壇処分に対応している不用品回収業者は、住職と提携しお得にサービスを提供していることもあります。

 

合同供養は不用品回収業者の倉庫などで行われるので、立ち会えないのが一般的です。証明が欲しい場合は、供養証明書の発行の可否を確認しましょう。価格相場は5千円~2万円と比較的リーズナブルです。

 

単独供養:4万円~8万円

単独供養は住職が各家庭の仏壇のある場所に出向いて行います。菩提寺の住職に個別で依頼するケースが多いです。業者によっては、単独供養の手配にも対応しています。価格相場は4万円~8万円となっています。自宅から出す前に供養できるので、思い入れがある場合におすすめです。

 

魂抜き供養は、ご先祖様に感謝の気持ちを込めることにつながります。仏壇のみならず遺影などを処分する際も、同様に供養しましょう。なお、供養を済ませた仏壇は、通常の家具と同様に処分できます。

神棚処分について

神棚処分に関しては、明確な決まりがありません。「神道」という宗教であり、個人の良心に委ねられる部分があります。決まりが定められていないとはいえ、神聖なものなので、気持ちを込めて処分することが大切です。神棚を処分する際は、以下ポイントに注意しましょう。

 

  • 魂入れされているか把握する
  • 処分前にきれいにしておく
  • 自力で取り外せない場合は業者へ依頼する

 

それぞれについて解説します。

 

魂入れされているか把握する

一般的に、神棚には魂が宿っていないと言われています。ただし、神棚購入時に魂入れが行われているケースがあります。魂入れされている場合は、神社へ処分を依頼するのがおすすめです。神社には社務所があるので、神主が適切な方法で処分してくれます。

 

一方、神棚に魂入れしていない場合は、自治体サービスを利用してごみとして処分することが可能です。業者へ依頼するのも手段です。

 

処分前にきれいにしておく

神棚を処分する際は、処分前にきれいにしておくことが大切です。神棚には日々手入れが行き届いていないケースもあり、ほこりがたまりがちです。処分する前に、ほこりやよごれを落としておきましょう。

 

処分するとはいえきれいにすることで、神棚にお別れする際に感謝の気持ちをこめられます。

 

自力で取り外せない場合は業者へ依頼する

神棚は、高い位置に設置されてあるケースも多いです。設置場所によっては、自力で取り外すのが困難でしょう。無理に取り外すと、壁を傷めたり怪我をするなどのリスクがあります。

 

自力で取り外すのが難しい位置に神棚が設置されてある場合は、業者に取り外しを依頼するのが無難です。

一番手間なく確実に処分したい人は「困りごと解決本舗」におまかせください

処分するのが面倒で業者に丸投げしたい方は、困りごと解決本舗にお任せください。

 

町田市内での仏壇や神棚の処分にお困りの方、しっかり仏壇供養を行って処分したい方、できるだけ安く済ませたい方もご相談ください。

 

お見積もりは無料なので、電話やメール、LINEで対応いたします。

 

※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号08070902048から掛け直します。

© 2022 町田市の便利屋さん| 困りごと解決本舗.
電話 メール ライン