町田市で仏壇を処分する方法

町田市で仏壇処分する方法

 

日頃から菩提寺や仏具店とお付き合いがあれば相談できますが、お付き合いがない方のほうが圧倒的に多いと思います。こちらでは町田市内で仏壇を処分する方法を紹介します。

 

仏壇の処分方法は4つ

 

お寺に処分依頼

菩提寺がある場合は閉眼供養とあわせて処分についても相談できます。菩提寺以外以外のお寺の場合でも引き取ってくれるところもありますが、檀家以外は断っているところもあります。

 

費用は名目はお布施で、目安は3万~5万円前後とされているようです。仏壇をお寺まで運ぶ費用は別途必要です。

 

メリットは閉眼供養など儀礼にのっとった方法で心理的に安心できること。デメリットは費用相場がわかりにくいことが挙げられます。

 

仏壇仏具店に処分依頼

仏壇仏具店では仏壇の引き取りも行っています。

 

処分費用は2万円~8万円(仏壇の大きさや運搬する距離によって変わる)です。お布施と違って処分費用として決められた金額となります。菩提寺が遠かったり、できるだけきちんと処分したい場合に相談するといいでしょう。

 

メリットは仏壇の搬出込と教派を気にしなくていいこと。デメリットは処分費用が比較的高くつくことです。

 

粗大ごみとして処分する

仏壇は粗大ごみとして処分することが可能です。費用は各自治体によって変わりますが500円~数千円ほどです。そのためお寺や仏具店に持ち込むより安価で処分することができます。

 

また、部品ごとに細かく分解すれば一般的なゴミとして捨てることができます。仏壇をゴミとして捨てることに抵抗がなかったり、人の目が気にならないのであれば方法の一つです。

 

不用品回収の業者に処分依頼

不用品回収業者や便利屋でも仏壇の処分を行っています。準備は仏具を外しておくだけで済みます。魂抜きの込みで行う専門業者があれば、処分のみおこなっている業者とあります。

 

費用は仏壇のサイズや魂抜きを行うかどうかで変動します。自分で仏壇を移動させる手間がなく、指定した日に処分することが可能です。

 

仏壇も供養が必要?

仏壇はご先祖様の家や小さなお寺とも呼ばれており、極力雑な扱いは避けたいものです。一般的に仏壇を処分する際には供養「魂抜き・閉眼供養・お性根抜き・御霊抜き」を行います。この魂抜きはご先祖様に、今まで守っていただいたことに感謝を伝えるためにう行うものです。供養を済ませてご先祖様の魂が抜ければ、仏壇は一般的な家具と同じ扱いとなります。

 

仏壇を処分する上での注意点

遺影の処分

仏壇に遺影を飾っている家庭も多く、仏壇処分の際に遺影はどうすればいいかという問題も出てきます。仏壇と一緒に遺影も処分するのであれば、同じように供養を行いましょう。写真もお焚き上げするのが一般的のようです。

 

仏壇の引き出しも確認

仏壇の中には隠れた引き出しがついているものがあります。中には家系図などその家にとって重要な物が入れられている場合もあるため、処分する前にしっかり確認する必要があります。

 

仏壇のサイズを確認

仏壇処分を依頼する前に大きさを測っておきます。高さと横幅、奥行きの3つをメジャーにて測りメモしておけば依頼時に概算費用がわかります。

 

処分準備

引取日当日までに仏具はすべて取り外し、引き出しの中も空にしておきます。梱包は業者のほうでしっかりおこなうので特に必要ありません。

町田市内の仏壇処分ならご相談ください

町田市内での仏壇処分は便利屋困りご事解決本舗にお任せください。

 

しっかり仏壇供養を行って処分したい方も、費用の関係でできるだけ安く済ませたい方もご相談ください。

 

 

 

※非通知は対応していません。必ず番号通知でお電話ください。