google口コミ評判 4.9総合評価 クチコミ(99)

剪定は困りごと解決本舗におまかせ

庭木が道に出てしまったり、隣の家へとはみ出してしまってお困りなら、町田市の便利屋『困りごと解決本舗』へご相談ください。

 

木の手入れは小まめに行わなければ、日当たりが悪くなったり、害虫が発生した箇所が広がるなどというトラブルにもつながります。

 

その一方で、あまり知識がない業者へ依頼してしまうと、剪定のつもりが大切な木を伐採されたといったトラブルも起こっています。

 

伐採 木を根もとから切ること
剪定 余分な枝や葉を切り、形やバランスを整えること

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』では、お庭の木の剪定などはもちろん、アパートや施設などの木も対応いたします。さらに、空き家の木の管理もできますのでお気軽にご相談ください。

 

 

剪定の作業時間と料金目安

剪定:1時間3,300円(税込み)

 

内訳:作業料1名1h3,300円(+出張料2,200円)

 

剪定作業のビフォーアフター

 

※草刈り機やトリマー等の機械を使う場合は使用料(1h1,100円)が追加されます。

 

以下の画像の場合、戸建住宅の玄関周り・垣根・ジャングル状態のお庭の木の剪定&草むしりをした時、2名で6時間です。

 

作業の内訳例:3,300円×2人×6時間=19,800円(出張費サービス)

剪定&草むしり作業のビフォーアフター1

剪定&草むしり作業のビフォーアフター2

 

空き家の庭木の剪定

 

空き家をお持ちの方で、遠く離れた場所に住んでいてなかなか実家に足を運ぶことができないという方は、定期的な草むしり・草刈り・剪定のご依頼も受け付けます。

 

夏場の植物の勢いはすさまじいので、空き家の様子を数か月見なかったばっかりに、空き家の庭がジャングルのようになっていることもあります。

 

雑草や木が伸びきったお庭は、景観を悪くするだけでなく害虫や野良猫の住処になったりと、近隣の住人に迷惑をかけることになってしまいます。

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』では空き家の管理も行っています。剪定や草むしりなど定期的に行うプランもございますので、お気軽にご相談ください。

 

困りごと解決本舗の空き家管理についての詳細はこちら>>

 

アパートやマンションなどの敷地内の木の剪定

 

 

アパートやマンションにおしゃれな景観を演出する樹木ですが、伸びてしまうとお住まいの方に悪い印象を与えることがあります。

 

  • 洗濯物が木の陰になり乾かない
  • ベランダに枝が入ってきて洗濯物が干せない
  • 蚊などの虫がたくさん入ってくる
  • 木に毛虫が出で困っている
  • 伸びた枝で車が傷ついた
  • 木で陰になった部分に苔が生えて滑る

 

お住まいの方は、大家さんの所有物なので切ることはできません。管理物件の木や生垣のお手入れ作業にお困りの法人・企業様、個人オーナー様は、便利屋『困りごと解決本舗』にご連絡ください。

 

アパート、マンション、法人(会社)、空き地、管理駐車場など場所問わず対応できます。

 

剪定は害虫の繁殖・病気を防ぐ

 

梅の木や桜の木は美しい花を咲かせますが、害虫が付きやすいので注意が必要です。特に毒をもつウメスカシクロバやイガラといった毛虫は、湿疹や皮膚炎などを引き起こすことで知られています。

 

そして、木の葉芽が食害にあうため、木の発育にも悪い影響を与えてしまいます。すでに発生している虫については薬剤の散布がおすすめです。

 

庭木の消毒
低木(0~3m) 1,800円/本
中木(3~5m) 3,600円/本
高木(5~7m) 9,000円/本

※すべて税込みでの表示です。

 

枝が込み合った風通しが悪い状態が、害虫の繁殖や病気の原因になります。毛虫が出る5月になる前の、葉が落ちた状態の時に剪定を行いましょう。

 

特に、お庭の木に薬剤をかけたくないという方や、近隣への影響を心配されるのであれば、剪定での対策がおすすめです。

木の種類で違う剪定のタイミング

木の発育にとって剪定は大切な手入れです。そして、定期的な剪定を行うことはお住まいの家族のみなさんにとってもよい影響があります。

 

剪定の重要性について
  • 害虫が住み着くのを防ぐ
  • 庭木を良い形で成長させることができる
  • 陽ざしが遮られるのを防ぐ
  • 風と通しが良くなる
  • 防犯上にもよい

 

植木の剪定は毎年、夏と冬に行うことが理想とされています。理由として、11~2月の休眠時期に剪定することで、木への負担が少なくて済みます。

 

8~10月の暖かい時期に、伸びすぎてしまった枝を中心に軽く剪定すると、日当たりの改善や害虫予防にもなります。

 

木の種類によっては適切な時期があるので、業者へお願いするとその時期に合わせた剪定をしてもらうことができます。そういったプロにしか分からない情報を知ることができるという面から見ても、一度は業者の方へお願いしてみるのは良いことだと思います。

 

常緑針葉樹

寒さに強い品種なので3~5月に剪定を行い、10~11月に枯れ枝を落とすなど軽く剪定をしましょう。

 

例)松、杉、ヒノキ、コニファーなど

 

常緑広葉樹

春先の3~6月に行う剪定がよいといわれています。8~10月にまた軽い剪定しましょう。

 

例)椿、サザンカ、キンモクセイ、サツキなど

 

落葉広葉樹

葉が落ちたりあとの12~2月に剪定します。3ヶ月に1度程度、軽い剪定を行うと良いでしょう。

 

例)ヤマボウシ、ハナミズキ、モミジ、アオダモなど

 

夏場に枝葉が一気に伸びることが気になり、依頼される方が多いのですが、夏場に強い剪定をしてしまうと木の生命力が弱まってしまいます。

 

「剪定のタイミングではないけれど、道路に枝が出たから・・・」という場合は、ごく軽めの剪定ならば問題はありません。

 

しかし、大きな枝を切るような強めの剪定をする場合は、切り口に殺菌剤を付けたらい、陽ざしから幹を守るケアが必要な場合もあります。そういう場合は、プロの業者へ相談するとよいでしょう。

 

夏場はせっかく剪定してもすぐに伸びて元通りになるほどの威力がある時期です。冬場にしっかりと適切な剪定を行うことが、夏場の管理を楽にするのでおすすめです。

【剪定】業者によって違う見積もりのポイント

木の剪定を行う業者
  • 植木屋さん
  • 造園会社
  • 庭師、ガーデナー、庭職人のいる業者
  • ホームセンター
  • 便利屋さん

 

業者に剪定を依頼する場合の料金は2つのパターンに分けられます。

 

日当制

例)職人さん1人につき1日15,000~30,000円・職人さん1時間あたり2,000~3,000円

 

単価制

例)1本の木あたり料金が違う(3m未満の低木3,000円程度・高さ3~5mの中木6,000~7,000円など)

 

剪定する木の種類や本数、植え込みなのか、生垣なのかで料金が違います。そして、道路が近くにあったり、狭い場所、坂の上、崖の上など、このような場所によっても別料金を取るような業者の方もいます。

 

さらに、出張費や剪定した枝を処分する費用がかかるので、料金などのトラブルを避けたいのであれば見積もりを取ることをおすすめします。

 

複数の業者で見積もりをとることで、料金の相場を知ることができます。そして、業者と見積もりを取るというコミュニケーションを通して、信頼できる業者の方なのかを知る事にもつながります。

 

そこで、丁寧な対応をしてくれて、親身に相談にのってくれる業者に出会えたら、継続的にお願いする事もできます。

 

お庭の木はご家庭のシンボルです。定期的な手入れを行うことで、長い間その木がある生活を楽しむことができることでしょう。

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』の場合は、無料見積もりから作業に至るまで直接行っているため、中間マージンもいりません。

 

最小限の人数で、経験を活かした効率的な作業を行うので、ぜひ一度ご相談ください。

木の剪定を自分で行うなら

自分で木を剪定する場合の注意点

 

ご家庭の木の種類によって、剪定の適切なタイミングは違いますが、たくさんの枝を切るのであれば冬場がおすすめです。

 

細かい枝が多く見通しが悪い場合は、枝の密度を減らすことで日当たりや風通しの改善にもつながります。生垣の場合は、全体を均一に刈りこむので難しくはありません。

 

脚立を立てて作業がしにくい場所であったり、傾斜があるような土地の木ならば、プロの業者にお願いした方が安心です。

 

枝や幹などのトラックが置きやすい場所であれば搬出もしやすいですが、伐採した木から駐車場までが遠い場合もプロにお願いした方がよいでしょう。

 

剪定枝の資源ごみとしての出し方

 

枝木は資源物として資源集積所で収集してもらえます。収集当日の午前8時30分までに資源集積所へ出してください。

 

1束の直径30センチ×長さ60センチ以内に束ねてください(1本の太さは直径10センチまで)。

 

詳しい内容は町田市のホームページ(剪定枝の出し方)に記載されています

 

剪定した木を持ち込む場合

 

町田市の剪定枝資源化センターへ、伐採した木の枝や幹で条件をクリアしたものは持ち込むことができます。電話予約の必要はありませんが、「剪定枝処理依頼票」に必要事項を記入する必要があります。

 

パソコンからダウンロードできます。「剪定枝処理依頼票」のPDFはこちら

 

  • 町田市内から発生した剪定枝
  • 直径30センチ以内で長さが2メートル以内のもの(搬入できない樹木を除く)
  • 束ねる場合はワラ縄、麻縄を使用する

 

剪定枝を破砕・発酵させて、良質で安価な剪定枝たい肥(土壌改良材)を作る施設です。ここで作られた剪定枝たい肥は同施設で販売もおこなわれています。

 

植物の種類や草など搬入できないものは持ち帰りとなりますのでご注意ください。

 

搬入できないもの
  • キョウチクトウ、アセビ、ウルシ、ユズリハ、カクレミノ、ユーカリ等、毒性がある樹木
  • 草や落ち葉、シュロ、竹、シノ、木の根、腐植した樹木等、たい肥化に適さないもの
  • 樹木以外のもの(廃材、土石類、ビニール、プラスチック、ゴム、紙類、金属、ビン、残飯等)

 

搬入できないものもあります。落ち葉や木の根や雑草などの、剪定枝として出せない植物は燃やせるごみと一緒に戸別収集になります。

 

草むしり・草刈りのご依頼ついてはこちら>>

 

所在地 東京都町田市小野路町3332番地
電話 042-708-4772
搬入受付日 月曜日から土曜日(日曜日・祝日・12月30日から1月3日は除く)
搬入受付時間 4月から10月

午前8時30分から午前11時30分、午後1時00分から午後6時30分
11月から3月
午前8時30分から午前11時30分、午後1時00分から午後5時00分

処理手数料 150円

 

 

詳細はこちら:町田市剪定枝資源化センター

 

木の大きさや状態にもよりますが、大きくなればなるほどゴミを資源物に出すことも、施設に持ち込むことも大変な作業になります。

 

大きな木の剪定から、処分まですべてをお願いしたいという方は、町田市の便利屋『困りごと解決本舗』へご相談ください。

 

 

お問い合わせ・お見積りはこちら

※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号08070902048から掛け直します。

© 2021 町田市の便利屋さん| 困りごと解決本舗.
電話 メール ライン