google口コミ評判 4.9総合評価 クチコミ(99)

木の伐採・抜根は困りごと解決本舗におまかせ

庭木が大きくなりすぎてしまって、台風でトラブルにならないか心配になっているなら、町田市の便利屋『困りごと解決本舗』へご相談ください。

 

  • 植木が大きくなって倒れそうで怖い
  • 落ち葉が隣の家の迷惑になっている
  • 伸びた枝で車を傷つけた

 

このように、大きくなりすぎた植木がご近所トラブルの原因となっている場合、トラブルを解消するためには剪定では対応できないこともあります。

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』では、お庭の木の伐採・抜根などはもちろん、アパートや施設なども対応いたします。さらに、空き家の木の管理もできますのでお気軽にご相談ください。

 

 

木の伐採の作業時間と料金目安

作業実績

 

木の伐採:4,400円~(税込み)

 

内訳:伐採の場合は時間いくらではなく、1本いくらの計算になります。

 

 

  • 簡単に切れる柔らかくて細い木の場合は1本あたり4,400~11,000円前後(税込み)。
  • 固くて直径20cmを超えるような木の場合は22,000~55,000円前後(税込み)。

 

木の固さ、幹の太さ、木の高さ、作業の危険度…といった諸条件により、価格は変動しますので、一度お見積もりが必要となります。

 

プロの植木職人、造園屋さんよりは確実に安くできます。今までやっていただいた業者さんと比較して、安くならなかった例は今まで1度もありません。

 

特に初めての方で剪定や木の伐採の相場がわからない方は、ご自身で納得いただくためにも相見積もりをした上でご相談ください。

 

空き家の木の伐採も対応しています。隣家へ木や枝などが越境している場合などはお気軽にご相談ください。

 

抜根画像

木の伐採・抜根は困りごと解決本舗におまかせ

 

木の伐採・抜根は困りごと解決本舗におまかせ

 

お庭のために大切な根っこの処理

 

木を伐採して根っこを残したままだと木は地中で成長し続けています。木の状態によっては、そのまま勝手に枯れることもありますが、虫や細菌、最悪な場合はシロアリの巣になることもあります。

 

シロアリがきてしまうと、木だけでなく家屋まで被害が出る場合もありとても危険です。また、抜根せずに除草剤で木を枯らすという方法もありますが、虫などのリスクはあるので根本的な解決とはいえません。

 

そのため、抜根までの作業をした方が安心ですとお伝えしています。

 

作業としてはシャベルで行うことになりますが、大木であったり、根が深い木の場合は重機で行う場合もあります。

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』では、周囲の草木に注意を払いながら、根っこを抜いたケアまでしっかりと行います。

 

木の伐採から抜根までを希望されている方は、LINEやメールで写真を送っていただくと、おおまかな見積もりを出すことも可能ですので、お気軽にお尋ねください。

 

空き家・空き地の木の伐採・伐根

空き家をお持ちの方で、遠く離れた場所に住んでいてなかなか実家に足を運ぶことができないという方で、木が伸びすぎてしまい、手に負えないなどの場合はお気軽にご相談ください。

 

現地お見積りは無料です。その際にお写真や動画にてご説明させていただきます。

 

写真によるビフォーアフターの報告と、気になるところをまとめた報告書にてしっかりと対応させていただきます。必要に応じてお電話などもにも対応しています。

 

木の伐採や抜根だけでなく、草むしりや草刈り、空き家の管理全般にも対応しています。お隣さんに迷惑をかけているか心配な方は、ヒアリングなどにも対応しています。実家の空き家や所有している空き地の木や雑草などで困っているという方はお気軽にご相談ください。

 

【伐採・抜根】業者によって違う見積もりのポイント

木の伐採を行う業者
  • 植木屋さん
  • 造園会社
  • 庭師、ガーデナー、庭職人のいる業者
  • ホームセンター
  • 便利屋さん

 

それぞれのお庭の木の大きさや種類など状況が違うので、見積もりの金額は実際に現地調査をしてもらわなければわかりません。

 

幹の太さ、木の高さ、枝の量、伐採なのか、抜根まで行うのかで料金は違います。

 

そして、道路が近くにあったり、狭い場所、坂の上、崖の上など、このような場所によっても別料金を取るような業者の方もいます。

 

大木になると高所作業車やクレーン車を使い、抜根も重機で行う場合もあります。そうなると、作業を行う人員も増えるため、料金は高額になります。

 

町田市の便利屋『困りごと解決本舗』の場合は、無料見積もりから作業に至るまで直接行っているため、中間マージンもいりません。

 

最小限の人数で、経験を活かした効率的な作業を行うので、ぜひ一度ご相談ください。

木の伐採を自分で行うなら

自分で木を伐採する場合の注意点

 

冬場(1~3月)は空気が乾燥しており、葉が落ちているので伐採をするならオススメの時期です。

 

枝が落ちたり、木が倒れる方向に、家や自動車、車庫などの物がないか確認が必要です。風が強い日や雨の日は高所での作業はおすすめしません。

 

道に面している場合は、通行人や車の妨げにならないように注意しましょう。チェーンソーを利用する場合は音に敏感なご近所の方がいれば断りを入れておきましょう。

 

脚立を立てて作業がしにくい場所であったり、傾斜があるような土地の木ならば、プロの業者にお願いした方が安心です。

 

枝や幹などのトラックが置きやすい場所であれば搬出もしやすいですが、伐採した木から駐車場までが遠い場合もプロにお願いした方がよいでしょう。

 

抜根した木の根っこ

 

剪定枝の資源ごみとしての出し方

 

枝木は資源物として資源集積所で収集してもらえます。収集当日の午前8時30分までに資源集積所へ出してください。

 

1束の直径30センチ×長さ60センチ以内に束ねてください(1本の太さは直径10センチまで)。

 

詳しい内容は町田市のホームページ(剪定枝の出し方)に記載されています

 

伐採した木を持ち込む場合

 

町田市の剪定枝資源化センターへ、伐採した木の枝や幹で条件をクリアしたものは持ち込むことができます。電話予約の必要はありませんが、「剪定枝処理依頼票」に必要事項を記入する必要があります。

 

パソコンからダウンロードできます。「剪定枝処理依頼票」のPDFはこちら

 

  • 町田市内から発生した剪定枝
  • 直径30センチ以内で長さが2メートル以内のもの(搬入できない樹木を除く)
  • 束ねる場合はワラ縄、麻縄を使用する

 

剪定枝を破砕・発酵させて、良質で安価な剪定枝たい肥(土壌改良材)を作る施設です。ここで作られた剪定枝たい肥は同施設で販売もおこなわれています。

 

植物の種類や草など搬入できないものは持ち帰りとなりますのでご注意ください。

 

搬入できないもの
  • キョウチクトウ、アセビ、ウルシ、ユズリハ、カクレミノ、ユーカリ等、毒性がある樹木
  • 草や落ち葉、シュロ、竹、シノ、木の根、腐植した樹木等、たい肥化に適さないもの
  • 樹木以外のもの(廃材、土石類、ビニール、プラスチック、ゴム、紙類、金属、ビン、残飯等)

 

搬入できないものもあります。木の根や雑草などの、剪定枝として出せない植物は燃やせるごみと一緒に戸別収集になります。

 

草むしり・草刈りのご依頼ついてはこちら>>

 

所在地 東京都町田市小野路町3332番地
電話 042-708-4772
搬入受付日 月曜日から土曜日(日曜日・祝日・12月30日から1月3日は除く)
搬入受付時間 4月から10月

午前8時30分から午前11時30分、午後1時00分から午後6時30分
11月から3月
午前8時30分から午前11時30分、午後1時00分から午後5時00分

処理手数料 150円

 

 

詳細はこちら:町田市剪定枝資源化センター

 

木の大きさや状態にもよりますが、大きくなればなるほどゴミを資源物に出すことも、施設に持ち込むことも大変な作業になります。

 

大きな木で伐採から抜根、処分まですべてをお願いしたいという方は、町田市の便利屋『困りごと解決本舗』へご相談ください。

 

 

© 2021 町田市の便利屋さん| 困りごと解決本舗.
電話 メール ライン